YAMAHA ワイヤレスイヤホン TW-E3A

大人のアイテム

大人のアイテムのコーナーです。

今回はYAMAHAのワイヤレスイヤホン、TW-E3Aのご紹介です。

私サバ彦、社用車を運転する機会が多いのですが、今のご時世ながら運転はご法度ですよね。

しかも私の勤務する会社は社用車に車内撮影ドライブレコーダーが搭載されており、常に監視状態という恐怖。

イヤホン必須なのですが、今まで私は我が家のボス(妻)から頂いたiPhoneのオマケの有線イヤホンしか持っていなかったのです。

有線だと運転中に結構邪魔になるんですよね。

で、購入したのがYAMAHAのワイヤレスイヤホンTW-E3A。

なので比較対象がショボいイヤホンである事を了承の上読んで下さいね。

ワイヤレスイヤホン TW-E3A 基本情報

ヤマハ | TW-E3A - イヤホン - 概要
音量に応じて音のバランスを最適化するリスニングケアを搭載した完全ワイヤレス

じっくり調べたい方は上のリンクからご覧ください。

で、私サバ彦が簡単に説明しますと

連続再生時間は6時間だそうです。

画像のケースごと充電するのですが、イヤホンではなくケースも充電されており、外出先でもイヤホンのバッテリーが切れたらケースに入れるだけで、ケースからイヤホンに充電可能です。

ケースからは3回充電できるので、最初の6時間と充電3回を合わせて24時間の再生が可能です。

この辺私は驚いたのですが、おそらく今時のワイヤレスイヤホンはみんなこのタイプなんでしょうね。

Siri®、Google Assistantにも対応しているので、音声による操作も快適です。

指でイヤホンを押して操作する事もできます。

  1. 左右イヤホン1回押しで、再生、停止。
  2. 右イヤホン2回押しで音量アップ、左イヤホン2回押しで音量ダウン。
  3. 右イヤホン長押しでスキップ。左イヤホン長押しでスキップバック。

といった感じです。

生活防水で軽い水分なら安心。

アクティブノイズキャンセリングは無い。

YAMAHAのワイヤレスイヤホンのラインナップの中では1番安いモデルになります。

装着すると

我が家のボス(妻)に付けて頂きました。

本当はもう少し耳の中に隠れると思います。テレビを見ながらの初装着。やっつけ仕事ですね。

色は黒、白、ブルー、ピンクとあります。私のはブルーですね。

高級なイヤホンに比べると少し大きいと思います。

まあカッコ良くも悪くも無いのではないでしょうか。

使用した感想は

初めにも申し上げた通り、オマケのショボいイヤホンとの比較なのですが、ハッキリ言わせて下さい。

このイヤホンは最高です!

アクティブノイズキャンセリングは無いらしいのですが、先っちょの物理的耳栓能力が高いのか、雑音がかなり抑えられます。

音質もYAMAHAさんですから。

素晴らしいの一言です。

車の運転中に運転を忘れてしまわないか心配になるくらい雑音が無く、良い音で音楽を聴く事ができます。

これが1万円を楽に切る値段で買えるなんて素晴らしい!

数万円する高級イヤホンを使っている方からしてみるとショボいのかもしれませんが、オマケ程度のイヤホンしか使った事が無い大人男子には是非使って頂きたい。

しかも中国メーカー製ではないのでバッテリーは強いと思われます。

通話可能なワイヤレスイヤホンをお探しの方で中国メーカーは避けたいというあなた。

YAMAHAのワイヤレスイヤホンTW-E3A、熱烈お勧めです。

コメント