バイクと防寒

大人のバイク

バイクマンの天敵がやってまいりました。

皆様はどのような防寒対策をとられているのでしょうか?

本日は私サバ彦が、約10年のバイク通勤で得た知識と教訓を皆様とシェア出来たらなと思います。

防寒の基本

まずは防寒の基本についてです。

これはバイクに限った事ではないのですが、大きく2つあります。

①外気を遮断する

②空気の層を作る

こう書くとあまりにも当たり前に感じるのですが、とにかくこの2つが肝です。

あまり豊かではない寒い国の人ですと、セーターの上に革ジャンを着ている映像なんかを良く目にしますが、革ジャンで外気を遮断してセーターで空気の層を作っていると考えると、とても理にかなっている気がします。

日本ではオッサン臭いと言われがちなダウンなんかは1枚で外気を遮断して空気の層を保つ優秀な防寒着ですよね。

バイクの場合は寒いのに身一つで風を切って走るというちょっとイカレた行為ですので、より強固に外気を遮断し、空気の層を作る必要がある訳です。

外気を遮断する為に

外気を遮断するコツとしては

3つの首に気を付けろ!とよく言われます。

3つの首とは、手首足首です。

主な外気の進入路はこの3カ所なので、徹底して塞ぐ必要があります。

首からの外気の進入を防ぐアイテムと言えば、ネックウォーマーです。

私の場合は防寒着の首の部分を塞ぐ厚手のネックウォーマーと、ヘルメットの首の部分までをつなぐ薄いネックウォーマー、2枚を同時に使っております。

こんな感じなのと

こんな感じのを2重で使ってます。

次に足首ですが

私のお勧めはズバリこれ!!

通勤でブーツが履けなくても足首まで風から守ってくれます。

ウエットスーツ素材で厚みがあるので靴のサイズにゆとりが必要にはなりますが。

そして手首は・・・

画像でチラチラ出てきてますが、私が現在愛用しているのがこれです。

以前はホームセンターで買った千円位の防寒手袋を愛用していましたが、流石にこっちの方が良いですね。

グローブは多種多様に存在して迷うのですが、バイク用品は割高感がある気がします。

信頼性の有るメーカーの物をセールで狙うのが良い気がします。

空気の層を作る為に

空気の層を作るアイテムとして私がお勧めなのは

インナーダウンというやつですね。

中に着るダウンです。

これが有ると通勤の事情でアウターが選べない方でも温かさをワンランクアップする事が出来ます。

そしてズボンは

この手の物ですね。

通勤でも小さく収納できる物なら何かと便利です。

1番外側に着る物のお勧めが無いのですが、実は私は会社の防寒着を愛用しておりまして、あまりアレコレ試した事が無いのです。

正直者の私はテキトウにリンクを貼るのを止めておきます。

通勤以外で乗る時は私が信頼しているマムート、モンベル、ホグロフスのダウン等を着ております。

気になる方は

MAMMUT - マムート - 公式オンラインストア【160周年キャンペーン開催中】
160年の歴史を持つスイスのアウトドアブランド、MAMMUT- マムート - 公式オンラインサイトです。ロープ作りを原点にした素材へのこだわりが生む機能性と、アルプスとアスリートに向き合い生み出した究極の運動性能を最大限に活用して開発されたプロダクトが多数ラインナップされています。
オンラインショップ|モンベル
モンベルの公式オンラインショップです。登山やキャンプ用品を中心に、カヌー・カヤック、自転車、スノーシューなど、機能的なアウトドアウエア&ギアを販売しています。モンベルクラブ会員さまなら、全国どこでも送料無料でお届けします。
Haglöfs
ホグロフス(Haglöfs)公式サイト。2023年春夏から製品を販売開始予定です。サイトリニューアルにつき、いましばらくお待ちください。お問い合わせの受付は23年1月からとなります。

バイクと防寒 まとめ

色々と私のお勧めを中心に紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

最後に真実を打ち明けますと、冬の深夜で氷点下になってくるとハッキリ言って何をしても寒いです。

熱線なんかが入ってるウエアだと違うのかもしれませんが、充電とかめんどくさそうなので使った事が無いので紹介していません。

5℃以上あればまぁなんとか・・・って感じですね。

それでも「車で行けば?」という妻の誘惑にも負けずに毎日乗りたくなるからバイクって不思議です。

コメント