電気ハエ叩き

大人のアイテム

タワマン上層階に暮らしている方以外なら一度は気になった事があるのではないでしょうか。

今回は田舎暮らしの強い味方、電気ハエ叩きについてレポートしたいと思います。

いきなり私が購入した物の商品リンクを貼ってしまいます。

商品名のところに、強力な電気蚊たたき強い電圧ショック薬はありませんスズメバチ トラップなバグザッパー害虫駆除キャンプや屋内でのハエたたきキッチンベッドルームダイニングルーム(シルバー)と書いてありますね。

まあ潔い程の中国製品です。

こういうシンプルな商品は製造コストの点から見て、もはやよく聞くようなメーカーが作るという事はないのでしょう。

一応サラサラっと調べましたが、知っている様なメーカーの物はありませんでした。

私がこれを選んだ理由はズバリ見た目がマシだったから。

ライバル製品はこの辺でしょうか。

使った事が無いのでレビューは出来ませんが、見た目がキツいですよね。

私が購入した物も柄の部分なんかとんでもなく安っぽいんですけどね。

サイズ感

ラケットの内側の寸法を参考までに

長い方が約20.5㎝

短い方が15㎝弱

線と線の間隔は5㎜弱。4.5㎜かな。

といった感じになります。

電気のネットではなく線が平行に並んでいるので蚊とか間を通り抜けないのか?と心配になる方も居られると思いますが、コバエの様な小さな虫でもすり抜けた事はありません。

問題無い製品だと思います。

使い方

グリップにボタンが付いており、それを押すと赤いランプが点灯します。

この状態だと線に電気が流れています。

注意書きでハンドルを握れ!赤いライトが点灯している時はネットを触るな!と書いてありますね。

このスイッチを押したまま蚊やハエなんかをラケット状の部分に当てるとバチ!っと光って虫は即死していきます。

そのシーンをなんとかムービーに収めたのですが、全く伝わらないのでボツとしました。

コンビニの入り口なんかにある光で無視をおびき寄せてバチっとくらわすあの装置みたいな感じですね。

その威力たるや凄まじく、コバエなんかは蒸発してしまったのではないかと思う程です。

ハエはピクピクしてたりしますが。

大き目の蜂や例のあの虫(頭文字G)には試した事が無いので解りません。申し訳ない。

使用感としては十分に使える道具だと思います。

まとめ

ペットがいて殺虫剤を使いたくないという方、蚊が良く入って来るけどすぐ見失ってしまう大人の方等十分使える良い道具だと思いますので是非お勧めいたします。

我が家ではもちろん日輪刀と名付けられ、私が雷の呼吸を使って大活躍しています。

間違って電撃を喰らうとかなり痛いらしいのでご注意を。

コメント