セローにオンロードタイヤ

大人のバイク

バイク通勤を始めて7年目。

セローに変わって約1年半。

激闘のタイヤ交換から約3か月。

オンロードタイヤ、IRC GP-210に履き替えてから3000㎞ほど走りましたので、そろそろ感想等を書いてみたいと思います。

タイヤ交換は自力で頑張りました。

こちらからご覧いただけます。

それでは感想等いってみましょう。

IRC GP-210

アイ・アール・シー 井上ゴム工業株式会社
1926年設立の二輪車用タイヤ・チューブの専門メーカー

オフロードバイクでオンロードを極めたい──。ライダーたちのそんな声を反映して生まれた、林道レベルのオフロードにも対応するスタイリッシュなデュアルパーパスタイヤ。アスファルトでのライディングを最優先に考え、グリップ力と排水性を高次元でアジャスト。優れたパフォーマンスはモタードレースでも人気を集めている。 (IRC公式ホームページより引用)

と、簡単に言うとオンロード優先だけどちょっとなら未舗装道路も走れますってタイヤですね。

気になる見た目は?

とりあえず全景を。

伝わり難いでしょうか。

前輪付近だけ見るとこんな感じです。

後輪付近を見るとこんな感じです。

カッコよさに関しては個人の感性ですからそれぞれなんでしょうが、私個人的にはやっぱりブロックタイヤの方が似合う気がします

ただ「変だな」と思うほどではないですし、見慣れてくると「まあこれはこれで・・・」と思うようになりました。

タイヤでバイクの印象もかなり変わりますからね。

交換を考えておられる方の参考になればと写真を撮ってみました。

走行性能は?

そしてやはり気になるのは実際の走行性能ですね。

3000㎞程走った感想を率直に言いますと、舗装路での走りは抜群に良くなります

ブロックタイヤで舗装路を走っていると、カーブを抜けて加速し始める時やブレーキを強めにかけた時等、グニュ!グニュ!っと柔らかい感じがして不安になります。

その点やはりオンロード用タイヤのIRC GP-210だとしっかりとグリップするので安心して楽しく走る事が出来ます。

雨の日も私はバイクに乗るのですが、濡れた路面で滑ると感じたことも今のところ1度もありません

舗装路での走行性能に関しては、ブロックタイヤに劣る点は無いのではないでしょうか。

それぞれオフロード用、オンロード用に作られているので当たり前なんですけどね。

まとめ

セローの用途が通勤99%の私としては、オンロード用タイヤに変えて正解でした。

見た目のカッコよさ的にはオフロード用タイヤに未練はありますが、通勤路を走るのがさらに楽しくなりました。

やはりオフロードを走るにはオフロード用のタイヤ。

オンロードを走るにはオンロード用のタイヤが良いという事でしょう。


IRC GP-210 前後Set SL230 セロー250 セロー225WE 2.75-21 45P WT 120/80-18 62P TL 120-80-18 フロント リア リヤ タイヤ 前輪 後輪

↑前後セットでも12000円台と、価格面も優秀です。

ただオンロード用のタイヤに変えてしまうと、未舗装路に行きたいなと思っても行けなくなってしまうというのがちょっと残念ですよね。

せっかくオフロードバイク(トレイルバイク)に乗っているのにオフロードに行けないなんて・・・。

なんてタイヤ交換の時には悩みましたが、通勤用なのでこれで良いのです。

迷っている方、オンロード用のタイヤは良いですよ。お勧めです。

コメント