いなだ

お魚レポート

ちょっと珍しいお魚を、普通に食べて味をレポートする、お魚レポートのコーナーです。

今回も全然珍しくない、いなだです。

要するにブリの子供ですね。

子供と言ってもなかなかの迫力。

うちのまな板では足りません。

体長は53㎝といったところですね。

重量は何と1772g。

これは食べ応え満点ですね。

スーパーで680円で購入したので、100g単価だと39円位。

可食部の重量ではありませんが、それにしても激安ですね。

今回はコイツでお刺身と我が家風竜田焼きを作っていきます。

お魚豆知識

  • 出世魚であり、ブリの子供にあたる。
  • モジャコ→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35-60cm)→ワラサ(60-80cm)→ブリ(80cm以上) というのが関東での主な呼び方。
  • 地方によって呼び名がかなり違う。
  • 日本では、日本海南部と太平洋側全般に生息している。
  • 養殖も盛んに行われている。
  • 旬は夏から秋にかけて。

下処理

お刺身と焼き物を作るので、まじめに捌きます。

いなだのウロコは細かいタイプです。

剥がしにくいという事も無いので、包丁でどんどん剥がせます。

尾頭付きで煮魚や焼き魚にする場合は、ウロコ剥ぎは雑でも良い(個人の意見です)のですが、真面目に捌く場合は、包丁を入れる場所がウロコの残りやすい所になりがちなので、ちょっと入念にウロコを剥がします。

骨の配置等は最も普通なタイプですので、苦戦する事は無いと思います。

サバとかと一緒ですね。

頭を落として内臓を出して、腹→背→背→腹の順に包丁を入れて捌いていきます。

鰍(いなだ)のさばき方 – How to filet Young Yellowtail -|日本さばけるプロジェクト

私もいつも見ている、日本さばけるプロジェクトさんの動画です。

是非参考にしてください。

そして我が家では骨は抜いておきます。

子供も食べやすいようにです。

実は骨抜き作業は家のボス(妻)が率先してやってくれます。

私はめんどくさいのが苦手なので大変ありがたいのですが、ボス(妻)曰く「ストレス解消になる。最高。」との事。

心の病を患っているのではないかと心配になります。

骨を抜いてもらって、生食用の半身だけ皮を剥いで下処理終了です。


貝印(Kai Corporation) 関孫六 本鋼 出刃包丁 150mm 銀寿 AK5202

お刺身

食べやすく切ったら完成です。

盛り付けが汚いですね・・・

想定外に量が多かったので、途中から無理やりお皿に収めていったので。

まぁ言い訳なんですけどね。

肝心のお味の方は・・・。

とっても美味しいです。

いなだと言えば脂が足りなくてサッパリしすぎなイメージだったのですが、けっこう美味しい。

個体差なのでしょうか。

それともいなだにしては大き目だったからでしょうか。

安くて大量に食べられたので美味しく感じたのかもしれませんが、納得できる味でした。

お勧め度★★★★☆

我が家風竜田焼き

竜田揚げと言えば、全ての食材を美味しくしてしまう魔法の調理法なのです。

特に難しい料理ではないのですが、私クラスのガサツ料理人ですと、もっと簡単に出来ないものかと考えてしまうのです。

そしてあみ出したのが今回の適当な竜田焼きであります。

材料

  • いなだ
  • みりん 大さじ4
  • 酒 大さじ1
  • 醤油 大さじ3
  • にんにく 3片

みりん、酒、しょうゆ、潰したニンニクは予め混ぜておきます。

これを我が家では中二ソースと呼んでおり、中二男子が泣いて喜ぶ味になります。

そして食材(今回はいなだ)は調味液に漬け込みません。

何故かと言いますと、料理をされる方はお分かり頂けると思いますが、醤油やみりんに漬けてしまうと、焼くときに焦げやすくなります。

まぁ本来は揚げるんですけどね。

なので漬け込みません。

片栗粉もまぶしません。

これもトラブルの元になりますし、人生常にダイエットの我が家のボス(妻)曰く、無駄にカロリーが高くなるらしいです。

前置きが長くなってしまいましたが、我が家風は下味は塩だけです。

食べやすい大きさに切ったら、しっかりと塩を振り、10分程度置いておきます。

そしてガンガン予熱した鉄フライパンに多めに油を敷き、下味をつけたいなだを投入します。

皮面から焼いていきます。

左上の謎の物体は、お刺身用の半身の剥いだ皮です。

もったいないし美味しいので食べます。

焼き色が付くまで強気の強火で攻めたら、裏返します。

そして中火で火が通るまで焼いていきます。

火が通ったらいなだは皿に上げて、混ぜておいた中二ソースをからのフライパンに投入します。

弱火で大丈夫だと思います。

弱すぎるといい音がしないので寂しいですが、要はニンニクに火が通れば良いので適当で大丈夫です。

食材から出た脂等も相まって(今回はいなだなのであまり脂は出ませんが)、最高のソースが出来上がります。まるでキャラメリゼ。

これを焼きあがったいなだにかけて完成です。

お味はどうでしょう・・・

最高です。

この中二ソースは大抵の食材でイケるので、大変お勧めです。

お勧め度★★★★★

是非味わっていただきたいです。

コメント